GI052 のすべての投稿

湯船に浸かって、体をほぐす

私は毎日、湯船に浸かることを日課としています。最近はシャワーで済ます方も多いみたいですが、私は無理です。時間がなくて、数分しか湯船に浸かることができなくても、きちんと湯を張りたいタイプなのです。やっぱり、湯船に浸かると疲れが取れるんですよ。私は冷え性ゆえにむくみやすく、疲れが体に溜まってしまうのですが、湯船に浸かると、それがじわ~っとほぐれるのです。これがもう最高に気持ちよくて、毎日の癒しとなっています。温めることで血行もよくなるから、むくみや疲れが取れるのだと思います。時間がない人がシャワーでさーっと済ますのも分かるのですが、やっぱり湯船に浸かった方がとっても健康にいいですよと言いたいです。湯船を張るのって、そんなに大変でもないですから、毎日浸かりましょう。きっと疲れも取れ、熟睡できるようになると思います。毎日、湯船に浸かることができなくても、たまには浸かってみてください。きっと、その心地良さにハマりますよ。

いつもランニングをしています

私は太ったのをきっかけに、ダイエットの手段としてランニングを始めました。
ランニングは有酸素運動の代表格で、コスパが良いと言いますか、掛ける時間に対する、カロリー消費量が高いです。
同じ1時間、運動をするなら、ウォーキングや、踏み台昇降運動などの有酸素運動よりも、はるかに消費カロリーが高いです。
そのおかげで、私は半年ほどで、理想的な体重に到達しました。
ダイエットは卒業しましたが、それでも走り続けています。
ランニングは体重維持にもとても良い運動ですが、それ以外にも効能がたくさんあります。
まず「脳に良い」という研究結果があります。
小学生に試験的に毎朝ランニングをさせたところ、ランニングをしていない生徒よりも、成績が良くなったという結果が出たのです。
さらに「精神的に良い」という研究結果もあります。
不安やストレス、うつ状態などに陥りやすい人の予防にもなりますし、そのような病になってしまった人の症状が和らぐという結果もあります。
何かと体に良いランニングを毎日のように続けています。

適度な運動やバランスのとれた食事など規則正しく生活をして健康キープ

高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病になると、心筋梗塞や脳卒中、狭心症などの命に関わる病気につながることがありますよね。怖いので数年前から生活習慣病予防をすることにしています。

適度に運動をして、バランスのとれた食事をすること、しっかりと睡眠をとること、ストレスをためないようにしています。簡単なようですがこれを毎日全部しようと思うとなかなか難しいですね。忙しく働いているのでストレスがたまりますし、十分に眠れない日もあり、時にはコンビニ弁当を食べたり外食をすることもあります。ですが、できるだけ健康的な生活をするように心がけています。

具体的にはウォーキングやストレッチをしたり、夜は23時には寝るようにしています。ストレスをためないように、休日は映画を観に行ったり好きな物を買ってストレス発散しています。和食中心の食事をして高カロリーの料理は避け、塩分控えめ・腹八分目を心がけています。健康を毎日意識した生活をすることで体調を崩すことが少なくなりました。

甘酒で腸内環境を整えて健康な体へ

夜、寝る前に甘酒を200ml飲むだけです。たくさん飲んだからといって倍以上の効果は期待できません。1日の終わりに、お茶を飲むように、ただ甘酒を飲むだけという健康法なのです。
では、甘酒には、コウジ酸、ビタミンB群、食物繊維、オリゴ糖といった体にいい働きをしてくれるものが豊富に含まれています。コウジ酸は、肌のメラニンを抑制してシミを抑えてくれます。ビタミンB群は、美肌作りにも最適ですが、体の疲労回復への働きもあります。それだけでも、朝元気に起きれそうですが、腸内環境を良くしてくれる、食物繊維とオリゴ糖が甘酒にも含まれていて、飲むだけで腸内環境が日々改善されていくのです。
私は、毎日夜寝る前に、コップ一杯の甘酒を飲んで寝ます。温かい飲み物は、冬はもちろんいいですが、夏でもエアコンで冷えた体にとてもいいのです。健康の全ての鍵を握るのは、腸内環境だと思ってます。腸内環境が整い始めた私の感想は、肌が白くなったことです。白くなったというか透明感がある肌になったのです。もちろん便秘もなくなり、毎日体が軽くいい感じで日々を送っています。

健康のために軽運動をする際は、時間帯を選んで!

30代後半の兼業主婦、健康と美容のために、毎日のジョギングを日課にしています。

私は子どもを近所の幼稚園に送って行ったあと、そのまま続けてジョギングをします。だいたい時間帯で言うと8時半から9時手前なのですが、しっかり汗をかけて気持ちが軽くなります。

ところで私の知人、同年代の女性が最近ウォーキングを始めました。どうも私のジョギング習慣に感化されたようなのですが、しばらくすると「あんまり健康効果を感じないの」と言ってきました。

一生懸命、毎日30分ほど黙々と近所を速足で歩いているのですが、私が感じるような爽快感を全く感じず、仕事や家事のストレスもたまりっぱなしで、夜もなかなか寝付けないと言います。

このことは私にも不思議に思えたので、詳細を聞くと、仕事に出る前や帰宅後の、暗い状態でウォーキングをしているのでした。その時は冬場で日照時間も少なかったのですが、「やっぱり陽光を浴びないとだめなんじゃない?」と言ってみました。

彼女は試しに、職場で昼休みに少し歩いてみたということです。すると打って変わってよく眠れるようになり、ウォーキングの健康効果を実感し始めました。

軽運動も大切ですが、適度に陽光を浴びることが、体内時計をリセットする上でとても重要です。軽運動はやはり、明るい環境でした方がより効果的なのではないでしょうか。

PR|エステで気になるウエスト周りを改造|