GI052 のすべての投稿

胃腸を休めダイエットにもなる私が密かに続けている体にいいこと

私が毎日続けてきた結果体調が良くなった方法についてご紹介します。それは一食抜くことです。
私は薬を飲んでいるため胃腸が弱く、気持ち悪くて朝食を食べたくない時があります。それである時から朝食と昼食を一回にするようになりました。世間ではブランチなんていいますね。ブランチの内容は特に制限はなく食べたいものを食べたいだけ食べています。その後は夕飯までほとんど何も食べません。つまり一日二食にして夕飯まで7~8時間開けるわけです。ちなみに夕飯は炭水化物も野菜もたんぱく質もバランス良く食べます。そのような生活を続けたところ、胃の不快感が解消され食事が美味しくなりました。またお通じが良くなり、子供の頃から便秘がちだったのが解消されました。
一食抜くというと我慢しなければならないイメージがありそうですが、寝過ごした休日朝11時くらいに朝食を食べたのでランチはいらないという時はありますよね。そんな感じです。いつも決まった時間にブランチにすれば習慣になるので朝は自然と食べたくなくなります。昼食から夕食までの間空腹を感じた時は軽い間食や飲み物はとります。
この「ブランチ作戦」により、嬉しいことにダイエット効果も得られました。自然と一日二食となったので一食分カロリーは減り、体重は7キロ落ち今では身長160cm体重46キロで体が驚くほど軽くなりました。

肩こりは不健康の元だから動かして解消

以前から、どうしてだか分からない頭痛に悩まされていました。
一度痛くなると、ほぼ寝るまで治らなかったのです。
そんな時、少し肩がこっていると感じることがありました。
私は肩こりをあまり自覚したことがなく、私の肩を触った友達に「凄くこっている」と指摘された時は驚きました。
つまり、少し肩がこっていると感じるというのは、そうとうこっていたのだと思います。
そこで少し肩をもんだり、腕を上下に動かしたり、グルグルと回してみたりしてほぐしてみました。
そしたらしばらくすると頭痛が解消されたのです。
この頭痛は肩こりのせいだと確信した私は、頭痛になる度に肩を上下に動かしたり、腕をグルグルと回すようになりました。
その度に頭痛が和らぐのを感じました。
それからは、もう毎日その動作をするようにしました。
痛くなってから解消するよりも、痛くなる前に対処しておく方が得ですからね。
今ではパソコンを触った後、立ち上がった時にその動作をしています。
毎日肩を上下に動かし、その後腕をグルグルと回しています。

健康のために楽天的な思考を心がけています

マウスを隔離して「寂しい」というストレスを与えると、その頻度に比例してガン罹患率が高いという研究結果があるように、
ストレスはガンをはじめとした万病の原因とされているのは周知の事実です。
ストレスを受けると、交感神経が緊張して血行が悪くなり血圧が上昇。
そしてアドレナリンが過剰分泌されて血液が汚れ、免疫力が低下し、病気になりやすくなるというわけです。

ストレス解消法は、大したことの無いストレスには慣れ、大きいストレスからは逃げることが一番だと言われています。
つまり、考えても仕方のないことは、何とかなるさくらいに考えて、悩みすぎないことが一番です。
世界で初めてストレス学説を世に発表したセリエ博士は、
「ストレスから逃れるには、東洋人特有の恩や感謝の気持ちが大切だ」と語っていますが、まさにその通りだと思います。

私もこれに見習い、周囲の人達に支えられて生きていることに日々感謝し、
あまりくよくよしない楽天的な考え方をするよう気を付けています。

がんの周囲への伝え方について

家内は昨年肺がんのステージ4を宣告されました。本人と私のショックもさることながら、周囲にどういう話をすべきか非常に迷い巻いた。まず、高校生と中学生の娘にはすぐに病気のことを包み隠さず伝えました。そして、家内自身の決意として10年は頑張るという決意表明をしたわけです。こうして家族4人で家内を含めて闘病生活を支えていくことを決めました。そして、その後はお互いの両親にも打ち明けてフォローをお願いしました。さらに伝えたのは私の職場と家内の職場、さらには兄弟姉妹だけです。
実際には当面は薬のおかげで仕事も続けられるし、大きな制限もありません。
もちろん、今使っている分子標的薬に対するがんの抗体ができてしまったときは新たな対応を迫られるわけですが、ポイントとしてはとにかくあまり大きく広げることなく生活を送る。本人にとっても周囲にとってもそれが一番の対応だと我が家は判断したわけです。
きっとこれからもうまくいくはず、そう信じています。

乳がんかもと心配しました

20代の後半に右胸に明らかにコリコリとした丸いしこりがありました。気が付いていてもなんか怖くて受診することが出来ませんでした。やっと受診したのは自分で気が付いてから1年後くらいです。乳腺外科でしこりがあると伝えて受診しました。医師が触診で触りしこりを確認、すぐに組織検査が必要と言われて胸に大きな注射器を刺して組織を取りました。後日の結果は良性の乳腺繊維腺腫でした。その後は定期的に病院で診てもらっていましたが、妊娠出産して授乳中に再度受診。授乳中なので胸が張りしこりがわかりずらく、エコーで診てもらうと、医師にしこりなくなったねと。授乳中はわかりずらいだけかなと心配していましたが、しこりは本当になくなっていました。7年経過していますが、その後自覚できるしこりや検診でひっかかる事はありません。乳腺繊維腺腫があると乳がんになりやすいと病院で見たので、消えたけれど一度出来ているのであれからは出来る限り注意しています。

食事の時にはまずキャベツのせんぎりから食べ始める

最近の研究によって身体を最も傷めるのが血糖値の急上昇だということがわかりました。これが血管の壁を傷つけ、いずれは動脈硬化を引き起こし最終的には糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞という重大な病気を発症させることへとつながるのです。この血糖値の急上昇を血糖値スパイクと言いますが、これを予防することで様々な生活習慣病のリスクから身を守れるのです。そのために大切なのが食事の時には白米やおかずに手をつける前に必ず食物繊維が豊富なものから食べ始めるのがとても体にいいことだと言われています。サラダでもいいですし青汁でも良いのです。ですが一番効果があるのはキャベツの千切りです。価格的にも安いですし千切りにすればかさましにもなるので食べ過ぎを防止することもできるため血糖値の急上昇だけでなく他の健康に良いメリットが目白押しなのです。これを毎日の食生活で習慣付けておけば恐ろしい動脈硬化から身を守ることができるはずなのです。

毎日歩くことで体力の衰えを防げますし筋肉も維持できると感じます

車に乗り慣れている人は、ちょっとの距離でも必ず車を出すという習慣になっていることが多いですね。
例えば400m、500m離れたコンビニに行くのでも必ず車で・・・だったりするわけですがその生活をずっと続けているとちょっと体力の衰えが心配です。
毎日歩いている人は比較的同年齢の人と比べると若く見えることが多いです。
ポスティングのアルバイトをされている女性の方を見かけるのですが、60代以上とは思われますが背筋がまっすぐですらりとした細身体型です。
同年齢の方は背中に肉がついて丸い後ろ姿になっている割合が多いので、あのように背筋が伸びて無駄肉のない後ろ姿と颯爽とした歩き方は本当にいい意味で目立ちます。
もちろん、顔は年相応ですが健康的な肉体の方が目立ってとにかくカッコいいので私も見習いたいと思っています。
買い物に行く時は必ず歩きか自転車です。
歩くことは全身運動になりますので、体の衰えを防いでくれると信じていますし、また筋肉も維持できます。どうしても加齢によって筋肉の量は自然と減っていくのでそれに負けないように歩いて動いて筋肉を維持したいと思っている毎日です。

発酵食品を食べて腸も元気に!

私が毎日続けている体にいいこと、それは発酵食品を必ず一日一度は食べるということです。
朝ご飯でも晩ご飯でも食べるときは決めていませんが、朝は手っ取り早くヨーグルトを食べることにしています。
それができなかった日は、夕飯に納豆やキムチ、チーズや味噌汁などを食べるようにメニューを考えます。

発酵食品はどう体にいいのかというと、発酵食品に含まれる菌が、腸内環境を整えてくれる働きがあることで知られています。
腸内での悪玉菌が増えるのを抑えてくれて、便通を良くするので肌の状態も良くなります。
また、この時期にはうれしい免疫力のアップもはかれます。

発酵食品に含まれる菌は、体内に取り入れても数日中に排出されてしまうので、体にとっては毎日摂るのがおすすめです。
また、せっかく食べるなら太りにくくしたいと思うので、基礎代謝を高めるために肉などのたんぱく質とキムチを合わせたり、納豆に卵を合わせたりして、代謝を上げるようにします。
まさに一石二鳥ですね。

筋トレと5秒腹筋、ウォーキングが体に良い

私が毎日行っている体にいいことは筋トレです。それもストレッチを組み合わせて夜の7時ぐらいから15分ほど行うことが効果的なんです。
首の後ろに両手を回して両手の小指同士をくっつけるようにし、片足を一本前に出します。そしてお腹のあたりに空き缶があると仮定してグッと体を前に倒し、そして起き上がらせます。
一日5秒、これをするだけで腹筋にかなりの効果があるとテレビで見たのをきっかけに毎日行うようにしました。また、トレーナーの方の筋トレ動画をYouTubeで見ながら流しつつ、トレーニングをするようにしています。
毎日これを行った結果、だんだんと体の調子が良くなってくるのを実感しています。要するに体を動かす訓練を自宅でも行っておかないと、いざという時に体が動かないので、行っておく価値はあると判断しました。
あとはウォーキングです。歩くという行為は何よりも大事なことです。サイクリングもいいのですが、歩くと全身運動になるので非常に健康に良いです。

脂肪燃焼サプリを摂取していきたい

体に良い事の1つにこれから本格的に始めて行きたい事には、脂肪燃焼サプリを毎日摂取していく事です。
脂肪燃焼サプリは、脂肪を燃焼するお手伝いをしてくれますから、運動や食事制限するだけよりも脂肪燃焼サプリを服用しながら食事制限や運動をした方が効果があります。
もちろん、運動などをあまりしなくても脂肪燃焼サプリを服用するだけで太りにくくなる可能性がありますからダイエットには欠かす事ができないです。
私は、定期的に運動をしていますからより脂肪の燃焼を向上するために、脂肪燃焼サプリに注目しています。脂肪燃焼サプリは、服用するだけですから毎日続きやすいですし、金額も高くないですから行いやすいです。
今は、どの脂肪燃焼サプリを購入するのかを考えている途中ですが、脂肪燃焼サプリにも効果が違ったり、成分も違ってきますから慎重に考えて購入していく必要があります。きちんと情報収集をして購入すると、効果があるサプリを飲む事ができます。