健康のために楽天的な思考を心がけています

マウスを隔離して「寂しい」というストレスを与えると、その頻度に比例してガン罹患率が高いという研究結果があるように、
ストレスはガンをはじめとした万病の原因とされているのは周知の事実です。
ストレスを受けると、交感神経が緊張して血行が悪くなり血圧が上昇。
そしてアドレナリンが過剰分泌されて血液が汚れ、免疫力が低下し、病気になりやすくなるというわけです。

ストレス解消法は、大したことの無いストレスには慣れ、大きいストレスからは逃げることが一番だと言われています。
つまり、考えても仕方のないことは、何とかなるさくらいに考えて、悩みすぎないことが一番です。
世界で初めてストレス学説を世に発表したセリエ博士は、
「ストレスから逃れるには、東洋人特有の恩や感謝の気持ちが大切だ」と語っていますが、まさにその通りだと思います。

私もこれに見習い、周囲の人達に支えられて生きていることに日々感謝し、
あまりくよくよしない楽天的な考え方をするよう気を付けています。